monthly kyoto 4月 後編


以前からずっと行ってみたかった『重森三玲庭園美術館』 今回予約してやっと行くことができました
このお庭と古い邸宅を守ってる方の案内でゆっくりじっくり観ることができました
ただどこもかしこも文化財級なので自由にあちこちお庭や建物の中を散策できないのがちょっと残念でしたが、苔と石で造られた枯山水や襖の柄が印象的な茶室が観られて満足です

貴重なお庭を堪能した後は吉田山方面へ… お目当てのカフェまでちょっとだけ山登り(笑)
そして若干フーフーいいながら辿り着いたのは吉田山荘のカフェ『真古館』 以前来た時に窓から見える木々の緑に感動して、ここはまた来たいなと思っていたんです 
桜は終わってしまったけど、部屋の中まで緑になってるような錯覚に陥るほどの新緑に今回も心が震えました

ほんとはケーキやお餅などの甘味も食べたかったけど、お腹に余裕がなかったので冷たい抹茶だけにしました そしたらかわいいコウモリのクッキーが付いてきました 
それとここの女将さんが書いた達筆の短歌も そういえば以前来た時も付いてきたのを思い出しました 
そしてmonthly kyoto 4月の最後は『すりながしスタンド だしとうまみ』
どっからどう見てもスイーツにしか見えませんが、飲んでみると出汁の効いたすりながしやジュレ、トッピングも甘くないし中には海老がゴロっと入ってるなど驚きの連続 他のメニューも制覇したいくらいおいしかったです
テイクアウトに鯛の五色揚げとだし巻きとプリンも買って家路につきました